2017年10月14日(土)

裁ち鋏 [店長のひとりごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

庄三郎作 9寸5分

愛用の裁ちはさみを研ぎに出そうと赤松(左カネヨシ)さんにお邪魔しましたが職人さんがご病気のようで研ぎを断られてしまいました。先代からの引継ぎ品で50年ぐらい前のハサミなので日常のメンテナンスぐらいは自分でこなしていたんです。研ぎ痩せのため全体のバランス修正して欲しかったですけど・・・残念。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

赤松刃物さんのオリジナル

手ぶらで帰るのも何なので思わず購入したのがコレです。いわゆる一尺鋏と呼ばれるもので足に右手親指用当て金付きの代物です(今では足を火造くる職人さんも無く骨董的存在)重さと刃渡り(長さ)が独特の切れ味を生み出し何とも言えない手応えです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

上段が今回購入した約30cmの大型裁ちばさみ。一尺という響きが何とも心地良いです(笑)標準型の八寸裁ちバサミ(下段)と比較しても大きさが際立っていますよね。
長い鋏は直進性がとても良く、短くなるほどカーブなどが綺麗に切れます。うまく使い分けると裁断時間の短縮となる・・・と言う言い訳でコレクションがどんどん増えてます(笑)

最近ほとんど見かけない親指当て金付きハサミ・・・残り二丁ですが赤松さんに保存(新品)されていました。お探しの方は是非どうぞ!!(ご遠方の方はお取次ぎいたしますよ)

Posted by ozeki at 11時09分

ページのトップへ ページのトップへ

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログリニューアルしました。

ブログリニューアルしました。


Twitter

[Login]


copyright (c) 2008 The Shirts. All Right Reserved.

powered by a-blog

RSS1.0